タグ / 農業

記事
「(株)貧困大国アメリカ」堤 未果 [2014/10/27 23:45]
アメリカで進む企業による支配の実態について、農業・食料、公共サービス、政府・マスコミの分野を報告している。 石油価格高騰と異常気象によって70年代に世界食糧危機が起きた際、世界の穀物貯蔵の95%はアメリカの民間企業6社が保有していた。アメリカ政府は、食料を外交上の武器として農業政策を自由貿易仕様に変えていった。 1950年には、養鶏場の95%は個人農家が経営していた。70年代の終わりに農業政策が変更されて株式会社による経営が急増した。今では、4社がアメリカ国内の養..
「ハチはなぜ大量死したのか」ローワン・ジェイコブセン [2014/09/26 23:45]
ハチのコロニーが突然失踪して崩壊する原因を、いくつもの可能性を探りながらひとつひとつ追及していく内容は、著者自身が書いている通りミステリーのようでおもしろい。本書では、結論として様々な要因が絡んだ複合汚染としてまとめている。世界のアーモンドの82%がカリフォルニアで生産しており、その受粉のためにアメリカ中のミツバチが駆り出され、過密な仕事場で過酷な労働を強いられているという。トウモロコシや畜産業に見られるようなアメリカ式の効率主義が、こんなところでも同じような問題を引き起こし..
「日本は世界5位の農業大国」浅川 芳裕 [2012/07/18 23:45]
日本の農業に力があると言っているだけでなく、農水省の食料自給率アップの政策に、自らの省益をまもろうという意図があることを明らかにしている。また、カロリーベースの自給率の分母には食品廃棄物も含まれており、生産額ベースの自給率が66%というのも目から鱗の思いであった。 最も読み応えがあったのは、農水省の政策(規制)を解説した2章と3章。減反政策をまもっているかどうかを確認するために何万人もの職員が水田を見回っていることや、小麦やバターの国家貿易、ミニマムアクセス米の管理、豚..