タグ / 新書

記事
「新書365冊」宮崎 哲弥 [2011/12/19 23:45]
月刊誌『諸君!』に2002年1月から2006年3月まで連載された書評をまとめたもの。 発売された新書をすべて読破するコンセプトの下、手にした新書は毎月60〜100冊にのぼったという。 宮崎氏の本を読んだのは初めてだったが、理路整然とした文章を書く人だと思った。 最終章にて、連載中から後に残らない新書が増えてきたと嘆いている。ちくま新書が人に焦点を当てたことで大衆化がなされた。最近では、ビジネスマンの生き方や指南書、人生論などが主流になってきた。 <読んだ本> ..
新書のレーベルを調べてみました [2010/08/10 23:45]
最近、新書のレーベルが爆発的に増えていると思い、いつ頃から急激に増え始めたのか興味があったのと、全体像を把握しようと思い、調べてみた。 1980年代までは、岩波、中公、講談社現代の3大レーベルのほかは、ブルーバックス、岩波ジュニア新書程度しかなかった。1990年代には、1991年に丸善ライブラリー、1994年にちくま新書、1996年にPHP新書が創刊され、1998年に文春新書が創刊されて以降は、毎年のように新しいレーベルが創刊されている。 新書の創刊数は、2001..