タグ / 食事

記事
『「いつものパン」があなたを殺す』デイビッド・パールマター, クリスティン・ロバーグ [2018/03/30 23:45]
小麦は血糖値を上昇させやすいだけでなく、脳に悪影響を与えるグルテンを含むという。著者は、狩猟採集民の食事の75%を脂肪が占めていたことを根拠にして、低炭水化物の食事を勧めている。 グルコース(ブドウ糖)を摂ると、全身を循環して血糖値を上げ、体内のすべての細胞で利用される。フルクトース(果糖)は肝臓で代謝されるため、血糖値やインスリン値は上がらない。ただし、フルクトースが多い食事を摂れば肥満になる。小麦はグラニュー糖(スクロース)より血糖値を上昇させる。 インスリン..
『欧米人とはこんなに違った日本人の「体質」』奥田昌子 ブルーバックス [2018/01/16 23:45]
日本人は、遺伝的素因、生活習慣などの環境要因が欧米人とは異なるために、欧米で行われた結果をそのまま日本人に当てはめることはできないという観点から、生活習慣病やがんの予防法について論じる。 筋肉には赤筋(遅筋)と白筋(速筋)があるが、欧米白人では5〜6割が白筋に対して、日本人では7割が赤筋。日本人が筋肉を増やしても基礎代謝量はほとんど上がらないため、やせ体質にはならない。 食事からのカルシウムの摂取量と骨折の発生率には関連がない。日本人は、海藻、緑黄色野菜、大豆、小..
『あざむかれる知性』村上宣寛 ちくま新書 [2017/02/12 23:45]
複数の論文を統合するメタ分析の手法を用いた研究を紹介している。諸説が入り乱れる食事や健康の分野についても、結論が出ているものが多いようだ。 scienceの語源は、ラテン語のscientia(知識)、その起源はギリシャ語のskhizein(分割する)。現象を分割すると数量化が可能になり、伝達が可能になる。すなわち、科学の特徴は、検証可能性と言える。 アーチポルド・コクランは、1972年に根拠に基づく医療(EBM)を提案し、1993年には、ひとつのテーマに関する広範..
コレステロールの摂取量は独り歩きしていたのか? [2015/06/17 22:34]
食事で取る栄養素などの望ましい量を定めた、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」から、コレステロールの上限値が削除されたらしい。その理由は「目標量を算定するのに十分な科学的根拠が得られなかったため」とのこと。 コレステロール、好きなだけOK? 上限値削除の理由は(朝日新聞) 論理的には、上限値が計算できないからと言って、いくら摂ってもいいということにはならないだろう。とはいえ、コレステロールは細胞膜やホルモンの材料になる大切なもの。コレステロールが高いほど心筋梗塞は..
「炭水化物が人類を滅ぼす」夏井 睦 光文社新書 [2015/06/02 23:45]
体型に問題意識はないのだが、後半の生物学的、人類史的な視点がおもしろそうだったので読んでみた。 国が発表している食事バランスガイドは、日本人の平均的な食事を基にして作られたもので、栄養学的な根拠はない。食品のカロリーは、食べ物とそれを食べて出た排泄物をそれぞれ燃やして発生した熱量の差を基に、人間の消化吸収率や腸内の分解効率を掛けて計算したもの。 筋肉は安静時や軽度の運動時には脂肪酸を使っている。脂肪酸からはブドウ糖に比べて1分子あたり4倍のATPが作られるため、効..