タグ / 植物

記事
「竹の民俗誌」沖浦和光 岩波新書 [2013/10/26 23:45]
民具などとしての利用が主な内容と思いきや、成長が速く稈に空洞があることなどから霊力のある植物とみなされてきたとか、竹の原産地と考えられる九州の隼人と朝廷との関わり、竹取物語に読み解くことができる伝説など、興味深い内容が多かった。 生態と利用 ・地下茎は網のように張り巡らしているので、山崩れ、水害、地震にすこぶる強い。地下茎は夏と秋、若竹は冬から春にかけて成長する。春先に紅葉し、秋に新葉が茂る。 ・竹の葉芽には殺菌力があって防腐効果がある。油分が多いので火力は強い。 ..