タグ / 作物

記事
『【図説】「資源大国」東南アジア』加納 啓良 歴史新書y [2016/08/09 23:45]
東南アジアのコーヒー、サトウキビ、天然ゴム、ココヤシ、アブラヤシを取り上げる。ヨーロッパの海洋進出以降、これらのプランテーションが次々に開発されていき、モノカルチャーによる商品経済に組み込まれていった歴史がコンパクトにまとめられている。 1619年にバタビアに根拠地を築いたオランダ東インド会社は、18世紀にはジャワを中心に領土支配を広げたが、そのための出費がかさむなどして経営が悪化し、18世紀末には解散に追い込まれた。イギリスによる占領と返還の後、1830年からはジャワ..