2017年02月21日

『政府はもう嘘をつけない』堤未果 角川新書

1%の超富裕層と利益をむさぼる企業が政治を牛耳り、結果として国民から主権を奪っているディストピア世界のような現状が描かれている。特に、ISDS裁判やTPPなどの国際協定を説明する第3章、IMFの緊縮財政案を拒否して経済を回復させたアイスランドの事例を紹介した第4章は読みごたえがあった。

クリントン政権が締結したNAFTAは、アメリカで年間20万人の雇用を生み出すと宣伝されたが、実際には100万件の雇用を失った。メキシコではアメリカのアグリビジネスによる安いトウモロコシによって価格が低下したため、300万人の中小農家が破産し、彼らがアメリカに入国して雇用を奪う悪循環が起きた。アメリカの労働者の実質賃金は、最大17%も減少した。オバマ政権が締結した米韓FTAでは、7万人の雇用を生むと言われたが、実際は締結後数年間で7万人の雇用が失われた。

アメリカの全国民に民間医療保険加入を義務付けたオバマケアは、巨大医療保険会社の幹部が法案の骨子を書いた。少数の巨大医療保険企業と製薬業界が大いに儲け、納税者の税金が医産複合体に流れる仕組みになっている。法案成立前には、広告費やコンサルタント料をもらった御用学者やマスコミが、この法律のメリットを大々的に宣伝していた。

2014年に日本で改正された公務員法によって、約600人の省庁幹部人事を一元管理する内閣人事局が発足し、官僚幹部の人事は首相官邸の意向が反映される仕組みになった。これによって、官僚たちは官邸の方針に従うようになった。

日本の国会議員は一人あたり3人の秘書しか持たないが、アメリカの下院では平均22人、上院では44人の秘書を持つ。さらに、党が公認権を持つ小選挙区制度によって、国会議員は所属政党との間の歪んだ力関係に縛られている。

ノーム・チョムスキーは、労働者が権利を獲得し、政府が民衆を制御できなくなった時に広告業界が誕生したという。その役割はプロパガンダと呼ばれたが、今はマーケティングと名前を変えた。小泉政権が成功させた郵政民営化選挙は、アメリカの広告代理店がPRを請け負った。

投資先の国内ルールによって損害を受けた場合に国家を訴えるISDS裁判は、国際弁護士団が営業をかけるという。福島第一原発事故後に脱原発に転向したドイツは、スウェーデンの原発メーカーであるバッテンフォール社から賠償を求めるISDS裁判を起こされており、負ける可能性が濃厚な状態にある。日本も脱原発政策に転向すれば、アメリカの原発メーカーから訴えられる可能性がある。ISDS裁判は、訴えた投資家側の1人、訴えられた国の政府から1人と、世銀総裁(アメリカ人)が任命する1人の合計3人によって判決が下されるため、アメリカ政府は1度も負けたことがない。

TPPはウォール街の投資家が「1%の夢」と表現するもののひとつで、アメリカ・EU間のTTIP、公共サービスを民営化するTISAの3つでセットになっている。TPPとTTIPが発効すれば、ワシントンは世界貿易の7割以上をコントロールすることができるようになる。TISAによって作られる超国家組織は、医療や教育、公共事業、金融・保険分野のルールを決め、政府は企業の責任を追及したり、法律で規制する権利を持つことができなくなる。2014年にウィキリークスが暴露した時には、日本を含む50か国が交渉に参加していた。

90年代からさまざまな分野を民営化し、金融の自由化を進めて、不動産バブルの崩壊によって国家が破たんしたアイスランドでは、国民の運動によって政府を動かし、IMFの緊縮財政案を拒否させた。IMFの要求に従ったギリシャが借金地獄と国民生活の崩壊に苦しんだ一方で、国内産業や医療・教育などの社会的共通資本に予算を投じたアイスランドは、順調に経済を回復させ、借金も返済した。しかし、この事実は欧米メディアでも徹底的に無視されたという。

堤未果の本を読んだのは3冊目だが、驚くような内容がいくつも書かれていた。投資はリスクを負うものと思うが、主権を持つ国家を訴える道が開かていることには強い疑問を持つ。マスコミはTPPでは関税のことばかりを伝えていたし、いかに本当の事実を伝えていないかがわかる。この本でもマスコミが特権を与えられ、利益を得るための組織であることを指摘している。著者は、知る権利を守るためにできることとして、テレビや新聞、ネットニュースを絶ち、本を読んだり、生身の人間と話したり、自ら深く考えてみることを提案している。堤未果が日本にいて本当によかったと毎回思う。

政府はもう嘘をつけない政府はもう嘘をつけない
堤 未果 / KADOKAWA/角川書店 (2016-07-10)
タグ:世界情勢
2017年02月12日

『あざむかれる知性』村上宣寛 ちくま新書

複数の論文を統合するメタ分析の手法を用いた研究を紹介している。諸説が入り乱れる食事や健康の分野についても、結論が出ているものが多いようだ。

scienceの語源は、ラテン語のscientia(知識)、その起源はギリシャ語のskhizein(分割する)。現象を分割すると数量化が可能になり、伝達が可能になる。すなわち、科学の特徴は、検証可能性と言える。

アーチポルド・コクランは、1972年に根拠に基づく医療(EBM)を提案し、1993年には、ひとつのテーマに関する広範な文献を重みづけを用いた統計的手続き(メタ分析)で要約して全体的結論(システマティック・レビュー)を出すコクラン共同計画を開始した。

日本人の食事摂取基準のエネルギー比は、タンパク質が9〜20%、脂質が20〜25%、炭水化物が50〜70%で、スポーツ選手でも、国によっても大きく違わない。炭水化物制限ダイエットや高タンパク質ダイエットは、総摂取カロリーを統制した通常のバランスダイエットと効果に違いはない。炭水化物制限ダイエットの死亡率は1.3倍になっている(ただし、後ろ向き追跡の調査で、優位水準にも達していない)。食品別では、野菜や果実、乳製品で減量の効果が認められ、精製した小麦粉、砂糖、ジャガイモ、加工肉と赤身の肉で体重が増えている(ただし、総摂取カロリーは統制されていない)。

死亡率が最も低いBMIは、高年齢になるほど高くなる。アメリカ人では25〜26、日本人では23前後が最も低い。ランニング程度の運動を行うと、死亡率が3割ほど減少する。肉の摂取量については、4つの研究で摂取量が少ないほど寿命が長くなったが、2つの研究では差がなかった。コーヒーを飲む量が1日8杯までの人は死亡率が低い(ただし、因果関係は証明されていない)。アルコール量は、1日30g(ビール中ビン1本、酒やワインで1合)までは寿命延長効果がある。睡眠は7時間が死亡リスクが最も低い。性格では、良識性が高いと死亡率が低いが、他の性格では差がない。

幸福感は、健康状態、婚姻状態、就業状態との関係が大きいことを示す研究が多いようだ。自然との関わりも効果が大きい。

メタ分析は結果のみを統合するものであり、論文の取捨選択という恣意的な余地もあるが、個人の医師などが書いた本よりは信頼性は高いだろう。特に、健康に関する研究については、死亡率といった客観的な数字で分析できるので説得力はある。

あざむかれる知性: 本や論文はどこまで正しいかあざむかれる知性: 本や論文はどこまで正しいか
村上 宣寛 / 筑摩書房 (2015-12-07)
2017年02月11日

ブックガイドの積極的な利用のすすめ

自分の読書歴があまりにも貧しいことに気づいて愕然とし、奮起して読み始めたのは2010年。しかし、書店の膨大な数の本の中から読むべき本を自分で探すのは簡単なことではないし、効率的でない可能性が高い。ネットのレビューも積極的に利用したが、最も役に立ったのはブックガイドだった。紹介されている本の中から関心を持ったものを読むことができるだけでなく、不案内な分野のトピックを知ることもできるし、関心の幅を広げることができる。何を読んだらいいかわからない読書初心者はもちろん、効率的な読書をするためにも、視野を広げるためにも、ブックガイドを積極的に利用することをお勧めします。

私は、これまでに50冊以上のブックガイドや書評集に目を通したが、その中からおすすめのものをまとめておきます。なお、私は文芸系の本はほとんど読まないので、文芸系のブックガイドも登場しません。悪しからず。

【自己啓発】
『ビジネスに効く最強の「読書」 本当の教養が身につく108冊』出口治明
リーダーシップ、人間力、意思決定のほか、国家と政治、グローバリゼーションなど10ジャンルの本を紹介。

『自己啓発の名著30』三輪裕範(ちくま新書)
自伝、人間論、生き方、知的生活の4つのジャンルに分けて紹介。古典が中心。

『成功本50冊「勝ち抜け」案内』水野俊哉
成功本50冊の紹介のほか、Part3には「成功法則ベスト10」がまとめられている。

【新書】
『新書がベスト』小飼弾(ベスト新書)
新書に絞った読書論を展開。Part3ではレーベル別に紹介しており、相当に読み込んでいることをうかがわせる。

『新書365冊』宮崎 哲弥(朝日新書)
発売された新書をすべて読破するコンセプトで、月刊誌『諸君!』に2002年1月から2006年3月まで連載された書評をまとめたもの。

【知識・教養】
『ぼくらの頭脳の鍛え方』立花隆・佐藤優(文春新書)
2人が自分の書棚から100冊ずつ、本屋の文庫・新書から100冊ずつ紹介。政治や国際関係、官僚の裏話なども語られている。

『面白い本』成毛眞(岩波新書)
読書の楽しみ方を教えてもらえる。『もっと面白い本』も。

『読書脳 ぼくの深読み300冊の記録』立花隆
立花隆の4冊目の書評集。読みどころがコンパクトに紹介されているので、書評を読んでいるだけでもワクワクする。『ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術』も。

『野蛮人の図書室』佐藤優
人生、日本、世界情勢の3ジャンルの本を紹介。

『世界と闘う「読書術」 思想を鍛える一〇〇〇冊』佐高信, 佐藤優(集英社新書)
宗教・民族と国家、戦争・組織、日本とアメリカなど9ジャンルの本を紹介。

『ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊』成毛眞
ノンフィクション書評サイト〈HONZ〉の年間ベストを集大成。レビューを読んでいるだけでもおもしろい。2013年版2014年版も。

『読書は格闘技』瀧本哲史
心をつかむ、組織論、グローバリゼーションなど12ジャンルの本を紹介。

『ニッポン沈没』斎藤美奈子
「ちくま」誌に連載された「世の中ラボ」をまとめたもの。当時旬の社会問題について、斎藤が選んだ3冊程度の本をベースに論じている。

『1冊で1000冊読めるスーパー・ブックガイド』宮崎哲弥
週刊文春の2001年1月〜2006年8月の連載をまとめたもの。日々の事件や事故、社会問題からテーマを決めて、それぞれ数冊ずつ論評している。

『大学新入生に薦める101冊の本』広島大学総合科学部101冊の本プロジェクト
101冊のほかに関連本も紹介も掲載されている。第5章の「本の買い方選び方」も充実している。

『「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最前線を5日間で探検する』橘玲
著者が「知のパラダイム転換が起きた」とする4分野(複雑系・進化論・ゲーム理論・脳科学)と功利主義に絞って読書案内をする。各分野についての解説も、その歴史を追う形で読みやすくまとめられている。

【分野別】
『科学の栞 世界とつながる本棚』瀬名秀明(朝日新書)
脳科学・心理学・生命倫理など、科学7ジャンルの本を紹介。

『福岡ハカセの本棚』福岡伸一(メディアファクトリー新書)
生物学や科学が中心と思いきや、フェルメールや建築、小説なども紹介されている。

『サイエンス・ブック・トラベル: 世界を見晴らす100冊』
科学者、ライターなど30名が3冊ずつ紹介する。

『世界を知る101冊――科学から何が見えるか』海部宣男
毎日新聞の「今週の本棚」で紹介してきた101冊を掲載。科学全般、人間、生物、科学者、科学論のほか、文系の世界や歴史と文化、未来の分野の本も取り上げている。

『文系のための理系読書術』齋藤孝
文系の人たちに生物学、数学、医学などのおすすめ本を紹介する。

『使える経済書100冊 (『資本論』から『ブラック・スワン』まで)』池田信夫(生活人新書)
本の紹介を通して経済に関するホットなトピックも見えてくる。評者のスタンスが明快に述べられているのも、論点を理解しやすい。特に「日本型資本主義の限界」の章が興味深かった。

『世界史読書案内』津野田興一(岩波ジュニア新書)
高校教師が授業で生徒に薦めていた本をまとめたもの。

『新・現代歴史学の名著―普遍から多様へ』樺山紘一(中公新書)
歴史学の代表的著作18冊を紹介。