2014年06月24日

「僕は君たちに武器を配りたい」瀧本 哲史

若者とはほど遠いが、現代社会の動向について考えるには役立った。

資本主義社会の中で安い値段でこき使われるコモディティにならず、主体的に稼ぐことができる仕事として6つのタイプをあげる。しかし、そのうちトレーダー(営業、商社)とエキスパート(産業構造の変化が速いため)の2つは今後生き残るのが難しいと説き、残りの4タイプ(マーケター、イノベーター、リーダー、インベスター)の方法論について議論している。

マーケターとは、既存の要素を組み合わせて差異をつくりだす人のこと。イノベーションは、既存のものを今までとは違う組み合わせで提示すること。リーダーは駄馬を使いこなせる人。

サラリーマンはリスクを他人に丸投げするハイリスクな生き方。日本航空やフジテレビを例にあげて、就職人気企業ランキングをもうそろそろ潰れそうな指標として見ることができるかもしれないと指摘しているが、入社できれば高い給料や安定した職が得られると考える人間が志望すると考えれば、それも必然かもしれない。

歴史、哲学、芸術、文学、自然科学といったリベラル・アーツを横断的に学ぶことにより、物事をさまざまな角度から考える能力、問題を発見して解決する能力、コミュニケーション能力、深い人格と優れた身体能力を身につけることが重要。

方法論で終わってしまうのであれば疑問が残ったが、最終章では自分が興味や意欲を持ってできることに夢中になって得たものが武器になるという結論になっていて、この点においても共感できた。方法論の奴隷になっては、何ための人生なのかわからないから。

僕は君たちに武器を配りたい僕は君たちに武器を配りたい
瀧本 哲史 / 講談社 (2011-09-22)

タグ:自己啓発
2012年02月22日

自己実現の方法のまとめ

これまでに読んだ自己実現に関する本の要点をまとめます。

自己実現の基盤作り
・成功本を読む:成功を定義づける知識、時間・金・健康・人間関係を管理する知識、必要な心構え・能力開発・成功法則や習慣・人智を超えた力についての知識。知識吸収型の自己投資:読書、資格の勉強、セミナー参加。中年も乱読で視野を広げることが大切。乱読は人生の転換期に特に必要。
・人の人生に関する本を読む。天才の一生を読む
・目的と原因と結果の世界を知る:因果応報、思考は現実化する、インサイドアウト、引き寄せの法則。先に目的を考えて行動する。
・時間・金・健康・人間関係を管理する。健康。足腰を鍛える。経済的な基盤を整える。自己管理能力、営業・交渉能力
・お金に興味を持つ:金融リテラシーを高める。お金の流れを読み説く:商店街を見て回ることで感性を鍛える。
・数値化して考える:数値化することで具体的なイメージを持つ
・マーケティング(売れる仕組み)を学べば、自分が何を期待されているか、それにどう応えればいいかがわかる
・自分らしい人生を仕上げるのにふさわしい目標を持つ
・自分の本当の願いを自覚し、学問をし、年長者とつきあう機会をもつことによって、先を読む能力を身に付ける。
・自分にとっての本ベスト3を選ぶと、そこにパーソナリティが凝縮されている。
・必要な知識を身につけて行動する:目標を定め、自己管理しながら周囲への感謝を忘れずにポジティブに行動し続ける
・みずみずしい心を維持し、好奇心を持ち、内面を若々しく保つ
・心を変えて行動する:心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる
・専門バカにならない:時代の要請にあわせて、活動領域を拡大する
・感性研鑽型の自己投資:流行商品の買い物、トレンドスポット、海外旅行。質的に2倍働き、遊ぶ:新しい発見をする場所、行動をする
・生活の格を上げる:経験のため
・見た目にこだわる

自己実現の方法と態度
・自己実現ができるのはピークエクスペリエンスの最中で、それは最高のアウトプットを行っているときに訪れる(完全なる人間)。
・人生の意義を考える。人生観を持つ:時代によって成功の概念は異なる
・自分の個性と能力を知り、自分が何をどこまでできるかをはっきりとつかむ。自分のMPSを見つける:ミッション、プレジャー(楽しいこと、好きなこと)、ストレングス(強み)。目標を持つ(具体的なもの、写真を貼る)。「こうありたい」と思う自己像を作る。自分が最も突き動かされる動機にあった目標を設定して行動することがポイントである。自分のハートを感じる:普段から大好きなことをして、自由に自分を表現する。
・ブルー・オーシャン戦略:独自の市場を切り開くことで、様々なメリットを享受することができる。
・がむしゃらに目的を達成しようとするのでなく、自分が興味を持つことや学んできたことを活かす仕事で成功する、自分の価値は会社での地位や順位などで決まらない、と考えれば、少々失敗があっても揺るがない。
・自分の才能を生かす仕事の形を考える(書く、人に話す、売る、広める、教えるなど)。キャッシュポイントを見つける:得意なこと、経験があること、人が求めること、人が喜ぶこと、時代の流れのそれぞれが重なること。
・夢や目標を立てて紙に書く:部屋に貼って、毎日声に出して読む。未来日記と成功日記を書く:心から望むことを書く。書くことを習慣にする。ビジョンを見て戦略を立てる:強い夢を持ち、具体的な行動を起こす。
・潜在意識を働かせる:紙に目標を書く、アファメーション、ビジュアライゼーション。願いつづけている思いは必ず実現する。「なりたい自分」を好きになると、気持ちも行動もそれに近づく。
・なりたい自分づくりの表現方法
  - 現在形で:「できる」は過去に、未来形は現在できていない意味になる。「できている」と表現する。
  - 肯定的に:否定的な言葉を使うと、ネガティブなイメージを持ってしまう。
  - 明確に:あいまいな表現でなく、「〜します」と言い切る。
  - 主語を入れる
  - 完結形で:望みが実現したように表現する。
・目標を人に話す
・目標を高く持ちすぎると無気力になる。身近なところに目標を持ち、達成するごとに新しい目標を立てる方が、自己実現への道。先を見ず、一歩ずつ踏みしめる。無理な計画を立てない。大きな仕事を消化可能な仕事量に分けて、小さな目標を達成し続ける方が達成感を何度も味わうことができる
・目標を達成したときのプラス面を考える
・短所や欠点は、言い訳を与えることで自分をまもる役割をしていることがある。目標や夢を実現することによって失う代償を払う覚悟を持つ。
・潜在意識は、ないものや否定形の文章が理解できない。潜在意識にとっては、今この瞬間だけが真実。今、何ができるかを考え、それを行動に移すことが秘訣。日々の行動をなりたい自分らしいものにする。
・目標達成について楽観的になると同時に、課題を現実的にとらえる。
・途中で中断すると、やり終えたくなる心理を利用して、ほんの数分手をつけてみる。
・潜在意識は現状を維持しようとする。変化を受け入れる準備をするために、目的を達成したらやろうと思っていることを先にやってしまう。
・理屈や批判、言い訳を一切やめる。行動しなければ、やる気は出てこない。やると決めたら徹底的にやり遂げる。成果が出るまで努力を続ける。自分に言い聞かせ、習慣にしてしまう。
・行動を習慣にする:自分へのご褒美をすると習慣になりやすい。行動は最低3週間続けないと習慣化しない(成果が出ない)
・シンクロニシティを起こす:願ったことを現実化する行動を起こせば、結果として現実になる。心の底で願う必要がある。シンクロニシティを引き寄せる:些細なチャンスも逃さないよう鋭敏な意識を持つ。自分が欲しいことを普段から明確にしておく。
・周囲を巻き込む:無意識のうちに周囲を巻き込むほどの情熱を持って行動する。
・日記をつける
・達成できていないと考えず、目標に向かって努力し、変化していることに目を向ける。結果主義でなく、プロセス主義をとる。目標達成に主眼をおくのでなく、活動そのものを楽しむことを主眼にする。成功は結果であって、目的ではない(フローベル)
・ポジティブシンキング:注意することは、自己中心にならないこと、不幸な出来事が起きた時の対応。ツキを味方にする:ポジティブシンキングを続ける、感謝される行動を続けることによってツキがやってくる
・失敗を恐れない:失敗した時の最悪の底は知っておいた方がいい
・未来を変える:変えられるのは自分と未来だけ
・自分の可能性限界を突破する
・遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る。つねに違った自分を目指すために「試し」続ける。
・一定の修業期間を経たら、オリジナルな研究に着手する。
・霧か靄のために懊悩しているのなら、どんな犠牲を払っても、ここだという掘り当てる所まで行ったらいい(夏目漱石「私の個人主義」)。
・何かが上達し、うまくなるという領域に入るためには、1万時間取り組む必要がある。毎日3時間だと9年間

自己実現のための人間関係
・自分が信じる価値を認めてくれる人こそ、真のパートナー
・伴侶、近隣、友人との関係をいかに緊密にするか
・よき師を持つ
・周りに感謝する:Win-Winの関係を築けば、シナジー効果を発揮する。恩義を尽くす
・人脈を使いこなす:知り合いに専門家を紹介してもらう。他人に問い合わされた時の自分の人脈リストを用意しておく。
・仲間をつくる、発表の場を工夫する。
・偶然を幸運に結びつけ、セレンディピティを呼び込むには、行動する、気付く、受け入れることが必要。自分の思っていたことと違うことも受け入れてみる。周囲の期待にこたえつつ、自分のやりたいことも実現していく。謙虚さを忘れない:仕事を断らない
・異性や異業種、育った環境など、立場の異なる人と付き合う。会合や集会には積極的に出席して異質の人とも出会う。多種多様な人と接するよう心がける。利害関係のない会の常連になる。
・人間を見極める:一目会っただけでその人の生きざまを見抜くスキルを身につける。
・期待どおりの結果が得られなかった場合は、どこが不足していたのか相手に尋ねる。
・本当に大切ではない無意味な人間関係に終止符を打ち、本当に大切だと思える人間関係だけを残す。それによって、自分にとって本当に大切な人は誰なのかを見つめる機会が得られる。

大好きなことをしてお金持ちになる(あなたの才能をお金に変える6つのステップ) (Forest 2545 Shinsyo) -
大好きなことをしてお金持ちになる(あなたの才能をお金に変える6つのステップ) (Forest 2545 Shinsyo) -

成功本50冊「勝ち抜け」案内 How to Improve Your Reading Skills for Success in Life (光文社ペーパーバックスBusiness) -
成功本50冊「勝ち抜け」案内 How to Improve Your Reading Skills for Success in Life (光文社ペーパーバックスBusiness) -

その科学が成功を決める (文春文庫) -
その科学が成功を決める (文春文庫) -

35歳までに必ずやるべきこと ポケット版―運をつかむ人になれ -
35歳までに必ずやるべきこと ポケット版―運をつかむ人になれ -

人間関係の本のまとめ

これまでに読んだ人間関係に関する本の要点をまとめます。

性格のいい人、好かれる人
 ・明朗でやさしく明るい人、ほほえみを絶やさず、いきいきとした表情を持つ人。表情を豊かにして笑顔をつくる
 ・心に壁を作らない。いつも人生の明るい面を見る。
 ・物事にこだわらず、さっぱりしている。
 ・自分に正直な人。
 ・知的好奇心に富んだ人、語彙が豊富で楽しい会話ができる人。ユーモアのセンスを磨く、豊富な話題を持つ。
 ・大きな負担がかからない範囲で他人の好意にすがれば、好感をもたれる(フランクリン効果)。

社会的器用さを高める
 ・人や物事を好きになる
 ・人間は自己開示をしてくれる人に対して心を開きやすい。自己開示することによって、親密度は大きく高まる。
 ・その場の雰囲気をつかむ、相手が自分に期待していることを感じる。独走したり、独善に陥ったりせず、全体と自分の調和を考える。相談できる相手を持ち、独善的にならないようにする。人から学ぶ謙虚な姿勢を持つ。
 ・思いやりがある、相手の立場で考える。相手の立場や気持ちを感じ取る余裕のある態度を身に付ける。
 ・人に味方になってもらうためには、自分が人にしてもらいたいことを人にしてあげること。他人のために損をいとわない。単なるお人好しと違うのは、根底に賢さと楽天的なユーモアの心が流れていること。他人の仕事も手伝う。
 ・「良いことは他人のおかげ、悪いことは自分のせい」と言えば、周囲の人は好感を持ったり、素直な気持ちになってくれる。他人から信頼され、盛りたててくれるようになる。
 ・相手のよいところを感謝のメッセージとして伝える。
 ・人の協力を得るために働きかける。
 ・仲間には進んで話しかける。時間を惜しんで仲間と要領よく会話するように心がけ、「あいつは俺たちの仲間だという意識が旺盛だ」と思ってもらうようにする。
 ・別れ際に小さな頼みごとをする
 ・相手の潜在意識を変えようとすると反発を受ける。そうしないためには、相手の言ったことを否定しないようにする。相手に対してアドバイスをしない。
 ・相手の間違いを見つけて正そうとするよりも、まずは相手に歩み寄る。
 ・価値観が一致しない相手とは共感することはできない。共感することはできなくても、理解することはできる。

親密な人間関係を育てる聴き方
 ・黙って聞く
 ・あいづちを打ちながら聞く
 ・相手の思いを引き出す:相手の話を大切に思っていることを伝える
 ・くり返す:ほんの少し言い方を変えて繰り返すことによって、理解していることを伝える
 ・まとめる:相手が一番伝えたい、わかって欲しい部分だけをピックアップする
 ・気持ちをくむ:相手の気持ちを理解していることを伝える

上手に自己主張する
 ・自分を開示することによって、相手の潜在意識を安心させる。自分の考えや気持ちを相手に通じさせる努力をする。素直な気持ちを表現する。
 ・私を主語にした話し方をする。
 ・相手が納得する形で表現するようにする。
 ・感情表現を豊かにする。
 ・相手の顔・目を見て話す
 ・自分の気持ちを伝える際に、相手がどう感じるかに留意する。相手の批判にならないように気をつける。
 ・アサーションの技術(働きかけ):WIN-WINのコミュニケーション。
  - 明確に自己主張する
  - 相手の話を聞く:相手が何を言いたいのか、何を望んでいるのかに常に注意を払ってコミュニケーションする。自分と相手の違いを受け入れることから始めれば、安定して相手の話に耳を傾けることができる。
  - お互いに納得するまで議論する
  - 柔軟に歩み寄る。説得とは、自分と相手との共通見解(妥協点)を見出すこと。命令(上下関係あり)や理解・忠告(利害関係なし)とは異なる。
  - 批判を気にしない
 ・DESC法による働きかけ
  - Describe:ストレスの原因を客観的に描写する。説得は、解決策でなく、問題そのものを提起する。
  - Express:描写したことに対する自分の主観的な気持ちを説明する。自分の思い、困っていることなどを説明し、自己を開示し、助けを求める。自分が相手に対して抱く期待を探り、それを相手に伝える
  - Suggest:状況を変えるための具体的・現実的な解決策を提案する。依頼する場合は、相手ができそうな提案をする。追い詰めたり、罰したりしない。
  - Consequence:要望を受け入れてもらった場合、受け入れてもらえなかった場合、それぞれに対する自分の行動を示唆する。相手が受け入れてくれた場合、受け入れてくれない場合のそれぞれに対してどうするかを考える。
 ・自分が日頃から何を考え、何を大切にし、どういう状況・気持ちなのかを話せば、心の架け橋をつくることができ、トラブルを事前に避けることができる(予防の自己開示)。
 ・普段から理論武装する。
 ・こまぎれ時間を有効に使って、いろいろなことに好奇心を持つ。
 ・Win-Loseの関係さえ避ければよい。ゼロサムを避けるために、視野を外向き(組織外)に持つ。
 ・許せない一線を超えたら、勇気を出して怒る。

他人事に心を奪われない
 ・ネガティブな人につき合わない。距離を置く。できるだけ早く立ち去る。
 ・努力しても距離が縮まらない人と無理につきあう必要はない。もっと大事な人との時間を大切にすればよい。
 ・気に食わない人物や物事に出会うたびに腹を立てていたのでは、自分が傷つき、何も手につかないことになる。他人には自分とは違う考えや行動をする権利があると思うようにする。
 ・非難は時間の無駄である。非難すれば相手に罪悪感を覚えさせられるかもしれないが、自分の不幸の原因を変えることにはならない。
 ・ストレッサーを除去・軽減するための支援:他人に働きかけてもらう
 ・回避する・逃げる:必要な場合は重要な方法

ポチ・たまと読む心理学 ほっとする人間関係 (PHP文庫) -
ポチ・たまと読む心理学 ほっとする人間関係 (PHP文庫) -

ストレスに負けない技術−コーピングで仕事も人生もうまくいく! -
ストレスに負けない技術−コーピングで仕事も人生もうまくいく! -

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1) -
脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1) -

心時代の夜明け―本当の幸せを求めて -
心時代の夜明け―本当の幸せを求めて -

認められる力 会社で成功する理論と実践 (朝日新書) -
認められる力 会社で成功する理論と実践 (朝日新書) -

人生の教科書「人間関係」 (ちくま文庫) -
人生の教科書「人間関係」 (ちくま文庫) -