2014年01月31日

「海馬/脳は疲れない」池谷 裕二, 糸井 重里

好きなことや刺激を受けたことが記憶に残るのは、感情をつかさどる扁桃体と情報を選別する海馬が隣合っているからであること、経験メモリーがべき乗で成長すること、やる気を生み出す側坐核は刺激を受けないと活動しないことなど、脳の部位と活動の関係が理解できたのは収穫だった。五感を生かして刺激を受けることができる場に身を置いて、経験メモリーを増やすといいらしい。

・物忘れやド忘れが増えると思う理由は、大人はたくさんの知識を詰めているから、その中から知識を選び出すのに時間がかかるため。
・大人は、まわりの世界に対してマンネリ感を抱いて前に見たものだと整理し、驚きや刺激が減るため、印象に残らずに記憶力が落ちたように感じる。まわりの世界を新鮮に見ていれば、脳は潜在能力を発揮する。
・30歳を過ぎると、つながりを発見する能力が伸び、前に学習したことを活かせるようになる。
・たえずおもしろいことを考えながら生き生きと暮らしていきたいと思う人と、これまでに心地よいものを求める人は、1対4くらいの割合。
・経験メモリーは、べき乗で成長する。
・脳に入ってくるすべての情報は、海馬で整理して必要な情報だけを選ぶ。
・海馬は、感情をつかさどる扁桃体の隣にあり、密接に連絡を取り合っている。好きなものを覚えやすいのは、好きなものを判断するのも扁桃体だから。扁桃体を活性化すると、海馬も活性化される。
・空間の情報が海馬にとって最も刺激になる。移動することを想像したり、どこかの場所の画像を見るだけでも刺激になっている可能性があるが、現場では五感の刺激を受けることができる。
・やる気を生み出す場所は側坐核だが、ある程度の刺激を受けないと活動しない。しかし、一度始めると側坐核は自己興奮して、気分が乗ってきて集中力が高まる。

海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス
池谷 裕二, 糸井 重里 / 朝日出版社 (2002-07-10)
タグ:記憶
2011年04月18日

「キュレーションの時代」佐々木 俊尚

キュレーション=情報の中から自分の価値観や世界観に基づいて情報を拾い上げ、新たな意味を与え、多くの人と共有すること。

90年代後半まで限られたマスメディアが担ってきた情報の配信機能が、インターネットによって細分化され、無数の情報ビオトープがつくられるようになった。検索連動型広告、ソーシャルメディア。

第2章の90年代の映画と音楽のバブルについての考察や、HMV渋谷店の閉店が画一化されたポップの利用への移行にあるとの分析(結局は人なんだよ)、記号消費(社会的ステータスとしての購入)から機能消費への逆戻り、所有からクラウドとシェアへ、物の消費から行為や場の消費へ、といった社会論が実に読み応えがあった。

アンビエント=コンテンツがオープンに流動化し、いつでもどこでも手に入れられる形で漂っている状態。新旧やジャンルを問わず、すべてのコンテンツをフラットに並び変える。

第3章では、フォースクエアを例にして、チェックイン(位置通知)して他人の視座を得ることによりセレンディピティが生み出されると解説。

キュレーターとは、世界中の様々な芸術作品の情報を収集して集め、なんらかの意味を与えて企画する博物館や美術館の学芸員の意味でつかわれる。人間は情報の海の中から自分のルールにのっとった情報だけを取り込む(セマンティックボーダー)が、キュレーターによる視座へのチェックインによって、セマンティックボーダーが組み替えられていく。インターネットの記事にコメントを付けて提供することにより、自分の視座を与えることができる。情報の信頼性は、人の信頼性で見極められる。

氏がRSSリーダーで目を通している記事は1000〜1500、本文を読んでいるのは数十本。この中から重要だと思った記事にコメントをつけてtwitterで提供している。

第5章で、プラットフォームをモンゴル帝国になぞらえて解説しているのは興味深かった。

大きな流れとしての現在の情報社会論を捉えることができ、情報発信の仕方を学ぶことができた。事例の紹介が豊富。読み始めたら引き込まれて一気読み。力作だと思う。

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)
佐々木 俊尚 / 筑摩書房 (2011/02)
2010年08月30日

「分かりやすい図解コミュニケーション術」藤沢 晃治

物事を理解するプロセスに基づき、わかりやすくするには、キーワードを明確にする、情報構造を明確にする、比喩などを用いる、最初に主張の核心を配置するなど、受信者の脳内関所で処理される作業を発信者が代行することが必要であると説明。

図解の原則として、注目する部分を目立たせる、詰め込み過ぎない、区切りを明確にする、違いを強調する、表で表す、グループ分けを明確にする、根拠に基づいた主張をするなどをあげている。

物事を理解するプロセス
・情報が脳内関所(短期記憶)に届く
・情報のかたまりを抽出する(情報の区切りの発見)
・かたまりどうしの関係を発見し、ターゲットの情報構造を推定する
・非論理的な情報を捨てる
・ターゲットの構造に類似したベース(仮説)を脳内図書館(長期記憶)で探す
・候補として選んだベースに基づいて、ターゲット内の不明点を類推・検証する
・ターゲットを脳内図書館の階層構造に新しいベースとして保管する

わかりやすさの秘訣
・受信者の脳内関所で処理される作業を発信者が代行する
・過去のベースと照合しやすい(比喩など)<5>
・キーワードを明確にする<2>
・情報構造(キーワードどうしの関係)を明確にする<3>
・最初に主張の核心を配置する<5>

図解の原則
・誘導:注目する部分を目立たせる(大きく、少なく、鮮やかに、奇妙、コントラスト)
・要約:聞き手の受信量が多いことが重要。タイトルは15文字以内に
・簡素:詰め込み過ぎない
・分離:区切りを明確にする
・対比:違いを強調する。表で表す
・配置:グループ分けを明確にする
・説得:事実は理解してもらう。意見は同意してもらう。根拠に基づいた主張をする

分かりやすい図解コミュニケーション術分かりやすい図解コミュニケーション術
藤沢 晃治 / 講談社 (2006-01-21)

タグ:図解