2017年08月12日

『「自分メディア」はこう作る!』ちきりん

ブログ運営の舞台裏と本人が選んだブログ記事で構成されているが、どちらも読み応えあった。

小学5年生の時に「ニ十歳の原点」を読んで、日記を書き始めた。著者にとっての日記は「今日はこんなことを考えた」という思考の記録で、高校時代には、その一部を友人に見せたりもしていた。Chikirinの日記は、ブログサービスを使って日記を書くつもりで2005年に始めた。2008年の半ばに、はてなブックマークが大量に付けられるようになり、アクセスが急増した。さらに、ツイッターで人気が加速した。ブログが人気化すると、ネットメディアの編集者などから転載や執筆依頼の連絡を受けるようになった。

「一生の間に、最低でも二つの異なる働き方を体験したい」と考え、2010年末に外資系企業を退職した。アジアの都市で日本語教師でもしながら暮らすことを考えていたが、退職直後に出版した「ゆるく考えよう」がヒットすると、雑誌や新聞、ラジオから取材や出演の依頼が殺到するようになったため、ブログ運営に集中することにした。ブログのPVは月間200万、収入はAmazonアソシエイトとGoogleアドセンスだけで年間500万円弱に達している。「ちきりんセレクト」では、著者の愛用商品を紹介している。

「ゆるく考えよう」の印税収入は500万円あまり(4万2000部、文庫1万6000部)、「自分のアタマで考えよう」は1500万円あまり(11万3000部)。その後の作品も700万〜800万円(5万5000〜6万6000部)に達している。本書の基になった「Chikirinの日記の育て方」は電子書籍として出版し、同程度の印税収入を獲得している。

「下から7割の人のための理科&算数教育」
日本の教育では、生産者(技術者)になるための教育には熱心だが、生活者のための科学教育には重きが置かれていない。富国強兵のための教育という思想が、根強く残っているからでしょう。

「思考と分析、その微妙かつ決定的な違い」
分析の結果は情報しか含まれておらず、誰がやっても同じ。思考の結果は、分析結果以外のことも考え、自分の基準に照らして判断するもので、価値判断が含まれる。

運営方針や目的を明確に定めていること、わかりやすい文章にまとめていることが成功した要因だったのではないかと思う。日記の書き方についても、改めて考えさせられた。社会の動きや自分が入手した情報に絡めて、自分がどう考えたかを記録すれば、自分の関心事項や問題意識を確認することができ、活動や成果を積み重ねることができるだろう。

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記
ちきりん / 文藝春秋 (2014-11-22)
2014年01月31日

「海馬/脳は疲れない」池谷 裕二, 糸井 重里

好きなことや刺激を受けたことが記憶に残るのは、感情をつかさどる扁桃体と情報を選別する海馬が隣合っているからであること、経験メモリーがべき乗で成長すること、やる気を生み出す側坐核は刺激を受けないと活動しないことなど、脳の部位と活動の関係が理解できたのは収穫だった。五感を生かして刺激を受けることができる場に身を置いて、経験メモリーを増やすといいらしい。

・物忘れやド忘れが増えると思う理由は、大人はたくさんの知識を詰めているから、その中から知識を選び出すのに時間がかかるため。
・大人は、まわりの世界に対してマンネリ感を抱いて前に見たものだと整理し、驚きや刺激が減るため、印象に残らずに記憶力が落ちたように感じる。まわりの世界を新鮮に見ていれば、脳は潜在能力を発揮する。
・30歳を過ぎると、つながりを発見する能力が伸び、前に学習したことを活かせるようになる。
・たえずおもしろいことを考えながら生き生きと暮らしていきたいと思う人と、これまでに心地よいものを求める人は、1対4くらいの割合。
・経験メモリーは、べき乗で成長する。
・脳に入ってくるすべての情報は、海馬で整理して必要な情報だけを選ぶ。
・海馬は、感情をつかさどる扁桃体の隣にあり、密接に連絡を取り合っている。好きなものを覚えやすいのは、好きなものを判断するのも扁桃体だから。扁桃体を活性化すると、海馬も活性化される。
・空間の情報が海馬にとって最も刺激になる。移動することを想像したり、どこかの場所の画像を見るだけでも刺激になっている可能性があるが、現場では五感の刺激を受けることができる。
・やる気を生み出す場所は側坐核だが、ある程度の刺激を受けないと活動しない。しかし、一度始めると側坐核は自己興奮して、気分が乗ってきて集中力が高まる。

海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス
池谷 裕二, 糸井 重里 / 朝日出版社 (2002-07-10)
タグ:記憶
2011年04月18日

「キュレーションの時代」佐々木 俊尚

キュレーション=情報の中から自分の価値観や世界観に基づいて情報を拾い上げ、新たな意味を与え、多くの人と共有すること。

90年代後半まで限られたマスメディアが担ってきた情報の配信機能が、インターネットによって細分化され、無数の情報ビオトープがつくられるようになった。検索連動型広告、ソーシャルメディア。

第2章の90年代の映画と音楽のバブルについての考察や、HMV渋谷店の閉店が画一化されたポップの利用への移行にあるとの分析(結局は人なんだよ)、記号消費(社会的ステータスとしての購入)から機能消費への逆戻り、所有からクラウドとシェアへ、物の消費から行為や場の消費へ、といった社会論が実に読み応えがあった。

アンビエント=コンテンツがオープンに流動化し、いつでもどこでも手に入れられる形で漂っている状態。新旧やジャンルを問わず、すべてのコンテンツをフラットに並び変える。

第3章では、フォースクエアを例にして、チェックイン(位置通知)して他人の視座を得ることによりセレンディピティが生み出されると解説。

キュレーターとは、世界中の様々な芸術作品の情報を収集して集め、なんらかの意味を与えて企画する博物館や美術館の学芸員の意味でつかわれる。人間は情報の海の中から自分のルールにのっとった情報だけを取り込む(セマンティックボーダー)が、キュレーターによる視座へのチェックインによって、セマンティックボーダーが組み替えられていく。インターネットの記事にコメントを付けて提供することにより、自分の視座を与えることができる。情報の信頼性は、人の信頼性で見極められる。

氏がRSSリーダーで目を通している記事は1000〜1500、本文を読んでいるのは数十本。この中から重要だと思った記事にコメントをつけてtwitterで提供している。

第5章で、プラットフォームをモンゴル帝国になぞらえて解説しているのは興味深かった。

大きな流れとしての現在の情報社会論を捉えることができ、情報発信の仕方を学ぶことができた。事例の紹介が豊富。読み始めたら引き込まれて一気読み。力作だと思う。

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)
佐々木 俊尚 / 筑摩書房 (2011/02)