2016年09月27日

『日本の土』山野井徹

クロボク土の正体を明らかにすることがこの本のテーマだが、土壌の形成過程から丁寧に説明しているのでわかりやすいし、様々な観点から考察していく様は謎解きをするようでおもしろい。土の正体を解明することによって過去の生活を垣間見ることができるとは驚きであった。

土壌は、岩石が風化して粒子となったものが集まって母材となり、ここに有機物の分解や集積、無機物の溶脱や集積が進行して形成される。土壌の形成過程は気象条件が支配的で、森林の多い日本では褐色森林土が55%を占め、クロボク土と沖積土がそれぞれ17%で続く。クロボク土は里山に普通に見られる。

陸域では、急傾斜地の重力による落下や降雨による運搬のほか、強風により舞い上がった風成塵による移動がある。塵が1年に0.1mm積もるとすれば、1000年で10cm、1万年で1mになる。著者は、褐色森林土からイメージするローム層は火山灰ではなく、風成堆積物が本質であると強調する。

クロボク土に含まれる腐植を放射性炭素で年代測定すると、形成開始時期は完新世であることがわかる。縄文土器は黒土、旧石器は赤土から出てくる。クロボク土は下位のローム質層と母材の岩質が同じで、腐植を捕らえた単子葉植物の燃焼炭が含まれるという違いがある。山形県小国町では、春に山菜を採るために山焼きが行われている。山焼きの後、しばらくするとワラビやゼンマイが芽吹いて成長する。火入れが繰り返されるとススキやササなどが優先する草原になる。このことから、クロボク土は縄文人が野焼き・山焼きを続けてきたことを意味すると結論付けている。

日本の土: 地質学が明かす黒土と縄文文化日本の土: 地質学が明かす黒土と縄文文化
山野井 徹 / 築地書館 (2015-02-27)
タグ:地学 環境史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。