2017年02月11日

ブックガイドの積極的な利用のすすめ

自分の読書歴があまりにも貧しいことに気づいて愕然とし、奮起して読み始めたのは2010年。しかし、書店の膨大な数の本の中から読むべき本を自分で探すのは簡単なことではないし、効率的でない可能性が高い。ネットのレビューも積極的に利用したが、最も役に立ったのはブックガイドだった。紹介されている本の中から関心を持ったものを読むことができるだけでなく、不案内な分野のトピックを知ることもできるし、関心の幅を広げることができる。何を読んだらいいかわからない読書初心者はもちろん、効率的な読書をするためにも、視野を広げるためにも、ブックガイドを積極的に利用することをお勧めします。

私は、これまでに50冊以上のブックガイドや書評集に目を通したが、その中からおすすめのものをまとめておきます。なお、私は文芸系の本はほとんど読まないので、文芸系のブックガイドも登場しません。悪しからず。

【自己啓発】
『ビジネスに効く最強の「読書」 本当の教養が身につく108冊』出口治明
リーダーシップ、人間力、意思決定のほか、国家と政治、グローバリゼーションなど10ジャンルの本を紹介。

『自己啓発の名著30』三輪裕範(ちくま新書)
自伝、人間論、生き方、知的生活の4つのジャンルに分けて紹介。古典が中心。

『成功本50冊「勝ち抜け」案内』水野俊哉
成功本50冊の紹介のほか、Part3には「成功法則ベスト10」がまとめられている。

【新書】
『新書がベスト』小飼弾(ベスト新書)
新書に絞った読書論を展開。Part3ではレーベル別に紹介しており、相当に読み込んでいることをうかがわせる。

『新書365冊』宮崎 哲弥(朝日新書)
発売された新書をすべて読破するコンセプトで、月刊誌『諸君!』に2002年1月から2006年3月まで連載された書評をまとめたもの。

【知識・教養】
『ぼくらの頭脳の鍛え方』立花隆・佐藤優(文春新書)
2人が自分の書棚から100冊ずつ、本屋の文庫・新書から100冊ずつ紹介。政治や国際関係、官僚の裏話なども語られている。

『面白い本』成毛眞(岩波新書)
読書の楽しみ方を教えてもらえる。『もっと面白い本』も。

『読書脳 ぼくの深読み300冊の記録』立花隆
立花隆の4冊目の書評集。読みどころがコンパクトに紹介されているので、書評を読んでいるだけでもワクワクする。『ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術』も。

『野蛮人の図書室』佐藤優
人生、日本、世界情勢の3ジャンルの本を紹介。

『世界と闘う「読書術」 思想を鍛える一〇〇〇冊』佐高信, 佐藤優(集英社新書)
宗教・民族と国家、戦争・組織、日本とアメリカなど9ジャンルの本を紹介。

『ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊』成毛眞
ノンフィクション書評サイト〈HONZ〉の年間ベストを集大成。レビューを読んでいるだけでもおもしろい。2013年版2014年版も。

『読書は格闘技』瀧本哲史
心をつかむ、組織論、グローバリゼーションなど12ジャンルの本を紹介。

『ニッポン沈没』斎藤美奈子
「ちくま」誌に連載された「世の中ラボ」をまとめたもの。当時旬の社会問題について、斎藤が選んだ3冊程度の本をベースに論じている。

『1冊で1000冊読めるスーパー・ブックガイド』宮崎哲弥
週刊文春の2001年1月〜2006年8月の連載をまとめたもの。日々の事件や事故、社会問題からテーマを決めて、それぞれ数冊ずつ論評している。

『大学新入生に薦める101冊の本』広島大学総合科学部101冊の本プロジェクト
101冊のほかに関連本も紹介も掲載されている。第5章の「本の買い方選び方」も充実している。

『「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最前線を5日間で探検する』橘玲
著者が「知のパラダイム転換が起きた」とする4分野(複雑系・進化論・ゲーム理論・脳科学)と功利主義に絞って読書案内をする。各分野についての解説も、その歴史を追う形で読みやすくまとめられている。

【分野別】
『科学の栞 世界とつながる本棚』瀬名秀明(朝日新書)
脳科学・心理学・生命倫理など、科学7ジャンルの本を紹介。

『福岡ハカセの本棚』福岡伸一(メディアファクトリー新書)
生物学や科学が中心と思いきや、フェルメールや建築、小説なども紹介されている。

『サイエンス・ブック・トラベル: 世界を見晴らす100冊』
科学者、ライターなど30名が3冊ずつ紹介する。

『世界を知る101冊――科学から何が見えるか』海部宣男
毎日新聞の「今週の本棚」で紹介してきた101冊を掲載。科学全般、人間、生物、科学者、科学論のほか、文系の世界や歴史と文化、未来の分野の本も取り上げている。

『文系のための理系読書術』齋藤孝
文系の人たちに生物学、数学、医学などのおすすめ本を紹介する。

『使える経済書100冊 (『資本論』から『ブラック・スワン』まで)』池田信夫(生活人新書)
本の紹介を通して経済に関するホットなトピックも見えてくる。評者のスタンスが明快に述べられているのも、論点を理解しやすい。特に「日本型資本主義の限界」の章が興味深かった。

『世界史読書案内』津野田興一(岩波ジュニア新書)
高校教師が授業で生徒に薦めていた本をまとめたもの。

『新・現代歴史学の名著―普遍から多様へ』樺山紘一(中公新書)
歴史学の代表的著作18冊を紹介。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。