2010年09月21日

日本人の読書数の調査

日本人の読書数を調べてみました。読書の目標を立てるときの目安になると思ったからです。

データは、文化庁の「国語に関する世論調査」の中の「1か月に何冊くらい本を読むか」の全体の回答を使いました。調査人数が2000人近くあり、ランダムにサンプリングしているので、信頼性は高いと思います。

ただ、この調査の回答は「1,2冊」「3,4冊」「5,6冊」「7冊以上」となっており、細かい分布がわかりません。そこで、これを「べき乗則」で近似して1冊ごとの分布を推定してみました。平均は月1.5冊。毎週1冊以上読んでいる人は10人に1人、毎月10冊以上読んでいる人は2%くらいしかいないようです。

<1か月の読書数とその割合>
上位%
0 46.1 -
1 23.3 53.4
2 12.8 30.1
3 6.9 17.3
4 3.8 10.4
5 2.1 6.6
6 1.2 4.5
7 0.8 3.3
8 0.5 2.6
9 0.4 2.0
10 0.3 1.7
以下、省略。

次に、累計で何冊読んだら、どれくらいの位置に達するかを計算してみます。老いも若きも年齢を問わずに「現在までの累計読書数」を調べたとしたら、というシミュレーションをしてみました。16歳以上を対象、生涯の読書期間を60年として計算しています。例えば、1500冊以上読んでいる人は、10人に1人の読書家であると言えそうです。

<累計の読書数とその割合>
500冊 上位30%
1000冊 上位15%
1500冊 上位10%
2000冊 上位6%
3000冊 上位3%
5000冊 上位1%

なお、このシミュレーションは、それぞれの人が同じペースで60年間読み続けることを仮定しています。そうしないと計算できないからです。実際には、ライフステージによって多い時期や少ない時期があるでしょうから、全体が平均値に寄った分布をしていると思われます。したがって、上位○%の数字は実際にはもっと小さいと思います。それでも、目標設定の際の目安にはなるでしょう。

<追記>
参考として、本などで読書数や蔵書数を公表している人を拾い集めてみました。
著者 月間 年間 合計 蔵書数
井上ひさし       220,000
谷沢 永一       200,000
松岡正剛       5〜6万
宮崎哲弥 200      
成毛 眞 15〜20     45,000
日垣 隆 100     40,000
立花 隆 100     35,000
寺島 実郎       30,000
小飼 弾 100     25,000
福田 和也 100      
三輪 裕範 8〜10 100   20,000
林 望       15,000
佐藤 優       15,000
梅棹忠夫   100   15,000
加藤 秀俊       14,000
出口治明     10,000  
土井 英司   1000 10,000  
勝間 和代 50〜100      
水野 俊哉     数千  
本田 直之   400    
藤井 孝一   300   3,000
鹿田 尚樹     3,000  
園 善博     3,000  
原尻淳一   300    
泉 正人   300    
池上 彰   200〜300    
呉 智英   150    
タグ:調査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。